ICT化の取り組み 

「ICT」は最近、よく耳にする言葉になりました。
白寿園でもICTを導入し、利用者様のケアを行っています。

ICTとは情報通信技術と訳されます。
白寿園では、タブレットやパソコンを活用して記録の電子化を行っております。
電子化することで、記録業務負担の軽減、多職種での情報共有のしやすさ等、様々なメリットがあります。

もちろん、ICTを導入する上でコストもかかります。
しかし、記録の効率化を行うことで、本来の目的であるケアの充実・サービスの質の向上にさらに努めることができます。

ICT化は、これからの介護分野でかかせないものです。
人の手とテクノロジーを活用し、利用者様の安全・安心できる暮らしを支えるため、日々取り組んでいきたいと思います。

タブレットでいつでも入力できますので、利用者様との距離が近くなって嬉しいです!

また、タブレットを活用してご家族との情報共有も行っています。